RECIPIレシピ紹介

料理研究家伊藤華づ枝先生の「基本の和食」レシピ ~ 筑前煮 ~

材料(4名分)

干ししいたけ(中~小)
8枚
にんじん
1/2本
れんこん
300g
鶏もも肉(大)
1枚(300g)
板こんにゃく
1丁(250g)
サラダ油
適量
しいたけの戻し汁+水
400ml
【 A 】
しょうゆ
大さじ4
本みりん
大さじ7
砂糖
大さじ1

手まり麩(生麩・あれば)
4コ

作り方

  1. 1. 干ししいたけを水で戻します(戻し汁を使います)。

  2. 2. にんじんは皮をむいて乱切り、れんこんは皮をむいてにんじんよりも大きめの乱切りにします。
    れんこんを水から入れて茹で、沸騰して2分後ににんじんを入れます。
    1分間茹でて水に取ります (茹ですぎないように注意します)。

  3. 3. 鶏もも肉は12等分にそぐように切ります。熱湯の中に入れて表面の色が変わったら、すばやく水に取ります(霜降り)。

  4. 4. 板こんにゃくは碁盤目に切り込みを入れ、16等分に切ります。熱湯で下茹でをし、水に取ります。

  5. 5. 鍋に油を入れ、1.~4.を炒めます。しいたけの戻し汁で煮て、アクを取ります。

  6. 6. 5.が沸騰したら中強火で20~25分間煮ます。途中で<A>の調味料を加えます。煮汁がほとんどなくなるまで煮て、照りよく仕上げます。

  7. 7. 6.を器に盛り、煮汁の一部で下煮した手まり麩を添えます。
    ※写真には青味(きぬさや)を添えました。

    

<華づ枝先生の美味しい和食を作るポイント>

料理をおいしく作るコツは、食材・味付け・風味付けを大切にすることです。
食材は、基礎調味料にも断然こだわります。
良い調味料は、料理をおいしく仕上げるために欠かせないものです。
九重味淋の「本みりん」は、家庭料理を格上げする「主役」と言っても過言ではありません。

この返礼品を使用しています

H002-014三河みりんの元祖本みりん詰め合わせセット

寄附金額10,000